トップページ > 自動車保険とは

自動車保険とは

■自動車保険とは

では、自動車保険について、おおまかに内容を説明していきましょう。

自動車保険とは、自動車に関わるトラブルによって起こってしまった「賠償

責任」を「補てん」するための保険です。

事故や故障などがおこると、最低でも自分の車を修理しなければなりません。
他人の車や物を壊してしまった時には、当然、賠償しなければなりませんね。
また、事故を起こした時間にできなかった仕事のフォロー(損失といいます)も必要です。

相手がいると、自分は加害者です。
相手の車の修理、身体の怪我の心配、相手の時間への補償など、多額の損失が発生します。

それらをどうやってフォローすればいいのでしょう。
元に戻すことはできないので、金銭でかたをつけなければなりません。
これが、補てんです。

事故はいつ・どこで・どんな規模で起こるかも予測不可能で、見合った金額を支払え

る能力があるのかどうかも、何も起こらない段階では言えません。
ですから、保険に加入しておき、万が一の事態に備えておくわけです。

自動車の運転をすることは、運転免許証があればできます。
でも、運転するということは、事故の可能性があるので、もしもの時の解決方法=保険に入っていなければなりません。
つまり、実際には、運転免許証だけでは、運転することはできないのです。

保険加入には、

・自動車を所有すること(自分の車で、自分が運転すること)
・使用すること(レンタカーや車用車など、自己所有ではない車両を運転すること)
・管理すること(自分の車を他人に運転させること)

の3パターンが考えられます。

それぞれに、必要な補償も違うし、保険の種類も変わってきます。


自動車保険が、生命保険と大きく異なるところは、
自動車の使用というものは、自分より他者に迷惑をかける危険性が非常に高いということです。

たとえ、自分は事故に遭っても大丈夫、怪我してもいいさ、と思っていても、被害者になっ

た時、相手方が十分な補償が受けられなかったら、たいへんな損害になってしまいます。
生保が自分が困るだけのことなのに対し、
相手がいることを第一に考えるのが損保です。

ですから、自動車保険には、自分の意思で契約する「任意保険」と、自動車を持つ人に強制

的に加入させる「強制保険」があります。

強制保険は、字のごとく強制的なものなので、被害者への最低限の補償がなされることにな

っています。

しかし、自動車事故は大きな損害を与えやすいため、補償額も強制保険の補てんだけでは、

正直ぜんぜん足りないのが現状です。
ですから、たいていの人は、任意保険にも加入します。
というか、補償額を考えると、「任意」といえど、最低限の「強制」の意味合いを含んでいるのが、自動車保険なのです。

関連エントリー
自動車保険
自動車保険とは
強制保険
任意保険
保険の見直し
リスク細分型保険
自動車保険の節約
自動車と若者